スポンサードリンク
   


朝起きれない不登校の子供を起こすには?


不登校の親御さんが直面する課題の一つが、「子供が朝布団から起きようとしない」こと。

朝起きれない
8時30分過ぎたら布団から出て朝ご飯を食べる・・・

これはまだましな方で、ひどくなると昼過ぎまで起きてこず、昼夜逆転してしまうお子さんもいます。

無理やり起こそうとすると、当然反発し、ますます起きなくなります。

小学校低学年くらいなら力づくで起こせますが、高学年・中学生の子どもを無理やり起こすのは至難の業です。

ここで、考えないといけないといけないのは、「朝起きたくない」子供の気持ちです。

ここを理解することがとても大切です。

朝起きたくない・・・ということは、朝お父さんやお母さんに会いたくないということです。

会いたくない理由の一番は、「学校に行きたくない」状態になっていることへの罪悪感です。

悪いことをした・・・
お父さん、お母さんに合わせる顔がない・・・
でも学校に行くことはできない・・・

こうした心理状態に陥っていると、朝起きるということはとても難しいです。

特に、「朝くらいちゃんと起きてよ」とお母さんがイライラしていると、余計に起きづらくなります。

もちろん、お母さんがイライラするのも分かります。

ただ、同じように無理やり起こすというやり方で、子どもが起きないというのであれば、やり方を変えていくということも必要だということです。

一番は、子どもの気持ちを汲み取っていくというやり方です。
まずは、子どもが「朝起きられない」という気持ちを子どもの視点で考えてみて、寄り添っていくこと。

これができると、子どもは安心します。
理解してくれる人がいるということは大きな強みです。

子どもの気持ちに寄り添っていくと、こういう言い方もできると思います。

「大丈夫だよ。誰だって嫌なことや辛いことがあると朝起きたくなるよ。また、起きたくなったら声をかけて」

まずは、子どもの気持ちに寄り添ってみること。
そこからがスタートです。



    スポンサードリンク
   

posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク