スポンサードリンク
   


不登校解決のゴールは「学校に行くこと」じゃない!!


「不登校の解決のゴールは学校に行けるようになること」

そう思っている専門家や親や教師は数多いですが、不登校のゴールはそこではありません。

不登校の子どもが学校に行けなくなったのは何かしらの原因があります。
その原因を解決しないまま、学校に戻ったしても、すぐに行けなくなるか、大人になってからかなり大きな問題を抱えてしまい引きこもってしまうようになります。

例えば、お父さんが無理やり学校に連れて行って別室登校に行けるようになった。
しかし、その子は「家ではお父さんが怖いから形だけ学校に行っていた」と私に話しました。
そして、そのまま進学するのですが、中学校に不登校になったときと同じ理由で学校にいけなくなり、そのまま引きこもってしまった。

そうした事例はたくさんあります。

不登校というのは本人の問題であると同時に家族の問題でもあります。

問題=原因というわけではありません。

不登校の原因は本人や家族ではありませんが、それらをどう解決していくかは本人であり家族の問題でもあります。

不登校の解決のゴールは、「自立」です。
自分の足で生きていけるようになることが、不登校解決のゴールです。

そのためにどうできるかを考えていくことが、本人と親には問われてます。

もちろん、試行錯誤を繰り返し、何度もぶつかることがあるかもしれません。
全く成果がでず、あきらめたくなることもありかもしれません。

しかし、あきらめないで、我が子がどうすれば幸せな人生を送れるようになるのか。
そのために親には何ができるのか。

それを一生懸命考えていくことが必要なのです。

ただ、学校に行けるかどうかではなく、子どもの人生を視野に入れて見ていくことが必要です。

そうしたヒントを親の会くろーばーでは一緒に考えていっています。



↓押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の解決の仕方は一人ひとり違う


こんばんは。
今日は不登校親の会くろーばーの日でした。
参加者とはとても密度の濃い話ができまして、とても充実した時間を過ごすことができました。

不登校の解決の仕方は一人ひとりで異なります。

例えば、戸塚ヨットスクールのやり方は不登校の専門家から見れば、本来はかなり有効な方法です。
ただ、事件になったことで問題にされましたが、あのやり方で改善できる子は確かにいます。

もちろん、そのやり方がかなり合わない子も当然ながらいます。

不登校の解決の仕方というのは、これだ!!というノウハウがないというのが一番難しいところです。

100人の不登校の子どもがあれば、その解決法は100通りあります。

ただ、解決法があるということは、正しい手順を踏めば確実に不登校は改善できるということです。

人によっては短期決戦で済む子もいれば、数年単位でかかる子もいます。

でも向き合い続ければ、正しい手順を続ければ必ず解決ができるものなのです。

今回の親の会では、そうした正しい手順が一人ひとり見つけることができたのではないかと思います。

解決法がたくさんあるからこそ、じっくりと自分の課題と向き合い、その人に合ったやり方を見つけていくことが大切なんだと思います。



↓押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HSPの子どもをどうやって支えるか?


HSP(Highly Sensitive Person)の人は非常に繊細な心を持っています。

生きづらさを抱えているといわれています。

私が会ってきた不登校の子どもたちの中で、HSPと思われる子どもはたくさんいました。
いや、基本不登校の子どもたちは少なからずHSPの傾向があると考えています。

例えば、不登校の子どもたちと話を聴くと、「学校に入って、教室に入ると、むちゃくちゃぐるぐるして何かに捕まってしまわないと自分が自分じゃない感じがして、学校に行くのがすごく怖い」と話します。

そこで、「もし学校に行ったらどうなる?」と聴いてみると、たいていの不登校の子どもはこう答えます。

「たぶん、自分が壊れてしまう」と。

こういう子どもたちのもう一つの特徴は、あまり表情が気持ちの表現が豊かでないことです。
中には淡々と話したり、ちょっと気持ちが読み取りにくいなあという子どももいます。

これはある意味HSPゆえの反応じゃないかと思うのです。

感受性が強すぎるために、自分の気持ちがどうなっているのかわからなくなり、どう表現していいかわからないから無表情になってしまいます。

そのため、一時期は不登校の治療といえば、アートセラピーや箱庭療法など、イメージから気持ちを表現していく手法が主流でした。

また、今ではソーシャルスキルトレーニングを使い、自分の気持ちをしっかりと伝えていく練習も効果を挙げつつあります。

HSPの不登校の子どもの支え方ですが、一番は時間を取って子どもの話をしっかりと聴き続けるということが一番でしょう。
その時に大切な手法として、「お母さんだったら、そういう状況にいたらつらいと思うよ」と言葉を返していく方法が良いと思います。
「あ、他の人もこう思うんだ」と思うことで、子どもたちが自分の気持ちの整理を支えていくのです。


HSPの子どもが不登校になった場合、一番は自分の気持ちが出せるようにフォローしていくことです。
ただ、人間の成長はゆっくりなので、「すぐにできる!!」というわけではありません。
1〜2年かけていろんな大人がしっかりと見ていく中で、徐々に出せるようになってきます。

根気強く、関わり続けることが不登校の子どもを支援していくのに必要なのだと思います。

↓↓↓ぽちっと押していただけると感謝です。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校改善のカギの一つは学力回復


不登校の子どもが学校に行けるようになるためには、学力の回復がカギです。

例えば、きっかけは人間関係のトラブルだったとして、原因はその子の心の弱さにあるとします。
(気を悪くされる方もいるかもしれませんが、不登校の原因は心の弱さにあります)

カウンセリングや居場所支援によって、別室登校から教室復帰できるのは可能です。

ただ、そのために学力回復はかなり重要なポイントになります。

例えば、学力が小学校のまま中学三年から教室復帰するのはかなり難しいです。

また学力が不十分だと、高校進学にかなり制限されてしまいます。

ではどうやって学力を回復するかということですが、一つは塾や家庭教師を活用することです。
進研ゼミや公文も有効ですが、大切なのは塾や家庭教師を通して人間関係を作ることが、不登校の学力回復だけでなく、心を強くすることにもつながるので大変お勧めです。

おすすめは、家庭教師のノーバス
ですね。





関東だけなのが難点ですが、不登校を専門としているので学力補充を考えている方はぜひ選択肢として持っておくといいでしょう。

それも難しい場合は、親が一緒に子どもと勉強するというもの有効です。
例えば、NHKでやっているような英語などの番組を一緒に見て、親も一緒に勉強するのです。

また、学校の先生にお願いして、プリントなどを持ってきてもらい、一緒に取り組むのもいいでしょう。
その際に大切なのは、子どもがわからないというのを馬鹿にしないこと。

それから、子どもから勉強を教えてもらうという姿勢も面白いかもしれません。
人は教えることで学びを深めることができますからね。

それと、時折あるのが、子ども自身に脳や知的な問題があるために、勉強ができないケースです。
この場合は、一度病院や児童相談所に行って知能検査を受けてみることをおすすめします。

たまに不登校の子どもで特別支援学級相当の知的水準の子どもがいます。

その場合、学校の勉強についていくことなどまず不可能ですし、早めにその子にあった教育環境を学校と話し合う必要があります。

以上、学力回復と補充についてお話しました。

子どもの心理面での成長は不登校回復のスタートですが、ある程度進んだら、ぜひ学力という視点も取り入れていくことが大切です。
posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登校刺激のタイミングについて


一昔前は
「学校に行かせない」
「登校刺激はしてはいけない」
ということが普通に
言われていましたが、今は

「登校刺激をどうタイミングよく、
適切に行うか」


とても大切であると言われるように
なってきました。


この登校刺激のタイミングですが、
これも非常に難しいものです。

ただ、基本は
「子どもができる範囲で」

がコツです。

例えば、夜間登校という手があります。

学校が終わって、
夜に登校するという手です。

放課後であれば、
友達と会える場合もあります。

(子供にとっては友達と会うのも
かなりプレッシャーになる場合があるので、
一気にやらないことが大切です)

子どもが昼過ぎにしか起きてこないのに、
「朝、保健室で」はあまりやって
いいものではありません。

エネルギーを使わないと
いけないようなやり方は基本は慎むべきです。


頑張ると、
余計にエネルギーを使ってしまい、
ふとしたことでガラガラと
崩れてしまうこともあります。

この場合は、夕方や夜に
登校するように促すのがベターでしょう。

また、担任に会えない状態で
登校刺激を与えることはできません。

まずは担任に会えてから
登校刺激を与えることが大切です。

この辺りがタイミングの
一番のポイントかもしれません。

その上で、子どもができることや、
興味があることを話題にしつつ、
学校に引っ張っていくのが
セオリーのやり方です。

それから、登校刺激は基本は
学校側の力量に大きくかかっています。

親が「行きなさい」と
刺激を与えてもまず行くことはできません。

担任と協力し、話し合い、その上で、
子どもと一緒に学校について行くこと

くらいしか親にできることはありません。

登校刺激は、学校側と話し合いつつ、
親と教師が話し合って、タイミングを
計りながら行っていくのが
セオリーであると思います。

そのために、しっかりと学校側と
連携をとることがとても大切です。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校は学校復帰後が一番危険


あまり知られていませんが、
不登校は学校復帰後が一番危険です。


多くの親や教師は学校復帰した後で

「よかった。大丈夫」

と手を放してしまいがちです。


不登校の子どもは頑張り屋さんが多いので、
1か月くらいは頑張って登校しています。

だから、「もう大丈夫」と思ってしまうのです。

しかし、実際は無理して来ていることも多く、
そうした無理から2〜3か月たって、
またバタンと倒れこんでしまうことがあります。

そうなると
「やっぱり自分は無理だったんだ」

とさらに落ち込んでしまい、
学校復帰がもっと難しくなってしまうのです。

これも、基本は
「子どもの状態や心情をいかに理解するか」
です。

不登校支援の7割は子ども理解です。


これができなければ、
支援は失敗する可能性が高くなります。

それくらい「理解」が大切です。

できれば、学校復帰後も
しっかりと子どもの状態を見ていく、
理解し続けていく姿勢が大切です。

手放しで喜ぶのは大変危険です。

まあ、不登校になってから今まで、
わが子をしっかりと理解するよう
努めてこられたお母さんであれば大丈夫でしょう。

子どもの状態がわかれば、
顔色や様子から
「ちょっと無理しているなあ」
と感じがつかめると思います。

そこで
「いきなり頑張り過ぎてつかれてない?」
と声をかけてみましょう。

首を横に振るのであれば
「お母さんにはそう見えるよ」と伝え、
その上で、
「ちょっと今日は学校休んでみようか」
と、息抜きをさせましょう。

この息抜きをしていくことで、
子ども自身が「自分との付き合い方」を
知ることができますし、
頑張ろうと思える様になります。


こうしたフォローを
いかにしていくかが学校復帰後は
特に必要となるのです。

それがないと、
再度不登校に陥ってしまい、
とても危険になってしまうでしょう。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「良くなっている」という大きな誤解


不登校支援では
「あ、良くなっている」
「前に進んでいる」
と思う場面に出会うことがあります。


例えば、友達と関わるようになった。
別室登校でも行けるようになった。
行事に参加できた。
先生と会えるようになった。

こうした場合、多くの親や教師は
「良くなってきた」と喜んでしまいますが、
実はこの時ほど親と子どもの気持ちが
大きくズレてしまいやすいのです。


親や先生が大きく誤解してしまい、
それが後々大きく引きずってしまうこともあります。


例えば、
友達や先生と会えるようになったという時、
考えないといけないのは


「今までずっと家族としか接することが
できなかった子が友達と会うということで
無理をしていないか」


ということです。


実は友達や先生と会う時に、
非常にテンションが高くなってしまい、
帰った後ぐったりしてしまう
不登校の子は結構多いのです。


この子なりに無理をしていたんだ
ということが容易に推測できます。


この時に、「ああ、前に進んだ」
「良くなった」と誤解していると、
子どものしんどいSOSを
見逃してしまうことになりかねません。


前に進んだということは、

子どもにとってはかなり無理をしている、
怖いのに頑張っている、


といった背景が隠れていることが多いのです。


その時に適切なフォローをしてやらないと、
気づかずに無理をし過ぎてしまい、
エネルギー切れで倒れてしまいます。


そうなると、「やはり無理だったんだ」と
さらに自信を失って引きこもって
しまいがちになる可能性もあります。


だからこそ、
「良くなっているとき」ほど注意をして、
「無理してないかな」という視点で見守ったり、
必要に応じて、声かけをするなどの
フォローをしておくことが必要なのです。



安易に子どもが良くなったと
捉えないこと大切です。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校支援は「学校に行かせる」ことにこだわらないこと


不登校支援の大きな考え方のポイントは、
学校に行かせることに拘らないことです。

といっても、
学校に行かせなくても大丈夫!!
というわけではありません。

学校に行かせることに
拘らないことが大切なのです。


ここで学校とは何かについて、
子どもの成長という視点から
考えてみたいと思います。

親の役目、大人の役目とは、
子どもが社会に出て一人で
生きていけるようにしていくことです。


これが子育ての最終目標です。


不登校の子は、社会に出て一人立ちできる
強さを身につけさせていく必要があるのです。

そうした社会性を
身に着ける手段の一つが「学校」です。


学校とは子どもを
より良く成長させていく手段に過ぎません。

しかし、多くの子どもたちが
学校に行っているのを見ると、
学校へ行くこと自体が目標のように
思ってしまっているところがあります。

そうなると子どもが学校に行かなくなると、
どうしても学校に行かすことを目標として、
「何とかしよう」と考えて、
関わってしまいがちになります。


その結果、子どもは親に反発して、
一層行かなくなり、
家庭内は険悪な雰囲気になってしまいます。

このような状況は非常によく見られます。

しかし、先ほどお話ししたように、
学校というのは子育ての目標ではありません。

あくまでも子どもを
より良く成長させていくための手段でしかないのです。


そのため、学校に行かせるには・・・
とか行くかどうかに拘らないで、

「学校に行くかどうかに関係なく、
この子がより良く成長するためには
どうしていけばいいか」


という視点を持つことが必要です。

その視点を持つと、学校以外にも
子どもたちの成長に役立つ方法が
たくさんあることに気づかれると思います。


フリースクールや他の人との交わりの場、
奉仕活動など、子どもが成長するために
考えられること・できることはたくさんあるのです。

まずはその視点で
関われることをお勧めします。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校は充電期間という大きな間違い


よく「不登校は充電期間」
という言葉が使われます。

「充電期間だから今は休みましょう」

「ゆっくり学校に行かなくてもいいからね」


私は「不登校は充電期間」という言葉は
使ったことはほとんどありません。

むしろ、充電期間という言葉ほど
不登校に当てはまらないものはないと考えています。


もちろん、塾や勉強や部活に
ハードスケジュールを送った結果、
小児うつになって不登校になったケースはあります。

この場合は、エネルギーを使い切ったから
少し充電した方が良いケースです。

それだけですぐに学校に行ける様になりますし、
スケジュールに余裕を持たせれば簡単に治ります。


ただ、純粋な不登校というのは
自身の感性から学校になかなか合わず、
学校に合わすことにエネルギーを
使いすぎた結果、陥った状態です。


そして多くの子どもたちは
「わけがわからなくて学校に行けない」のです。

そうした状態で
「充電期間だから行かなくていい」というと、
理由がわからなくて学校に行かない状態が続くため、
逆に再登校のきっかけを失ってしまいます。


本当の充電とは、
「今できることを一生懸命やって未来への蓄えを作ること」です。

だからこそ、まずは別室登校でもいいので、
学校に行って少しずつできることを増やしていくことこそ、
不登校にとっての本当の充電です。

自信というエネルギーを蓄えていくことが必要なのです。


不登校の子の充電を考える時は、
どうぞ意味を間違えないようにしたいものです。

それを間違えると、
社会復帰の機会を失くしてしまう可能性が高くなるのです。

もし、わが子が不登校になってしまったときは、
少しでも充電していくことが大切です。

そのためには、家庭教師なんかが効果的です。
外の人とつながれること、学力がつくので、
子供が戻る際に一番の壁である学力の差を埋めることができます。




無料体験授業好評受付中!


↑おすすめの不登校専門の家庭教師派遣会社です☆
学校に行かないなら、それに応じた教育を提供していくのも親の大切な仕事です。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の子どもの居場所を奪わないこと


不登校の子どもの一番の悩みは
居場所がない」ということです。

多くの子どもは学校や家など、
「居場所」があります。

そして、大抵の子どもは
学校の中で自分の居場所を見つけて過ごしています。

不登校になってしまうと、
多くの人が共有できる学校に居場所を持つことはできません。

基本は家しか居場所がなくなってしまうのです。


ちなみに、私たちが健全に
頑張るためには「居場所」が必要です。

居場所がなくなってしまうと、
心のエネルギーも出てこなくなります。


となると、できれば大切な家庭で
子供の「居場所」を奪うようなことは
しない方が良いでしょう。


具体的には、朝行かない子供を連日怒鳴ったり、
家の中に暗い雰囲気を作らない努力が必要なのです。

不登校の子どもは繊細なので、
家の中の雰囲気が変化したことに
かなり敏感に反応します。

そして、こう思ってしまいます。

僕が学校に行かないからこうなったんだ」と。

自分のせいで家庭が壊れてしまった。

そうした罪責感に向き合うことができず、
不登校の子どもは現実逃避します。

この時の対応を間違えると、
子どもは引きこもりになってしまうのです。

できれば、家の中は明るく
できる様にしたいものです。

そして、学校に居場所がないのだから、
まずは家に居場所があるという感覚を
子どもに持たせてあげるのは本当に大切です。


もちろん、ずっと家が居心地良いままだと、
子どもは家にべったりになってしまい
不登校は悪化してしまいますが、
家自体が居心地が悪ければ、
子どもは部屋の中にずっと引きこもってしまう
可能性は高くなります。


まず、最初のステップは
家の中で活動する範囲を広くしていくことです。

そのためには、子どもの居場所を
奪わない気配りが大切なのです。

posted by SHO at | 支援の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク