スポンサードリンク
   


朝起きれない不登校の子供を起こすには?


不登校の親御さんが直面する課題の一つが、「子供が朝布団から起きようとしない」こと。

朝起きれない
8時30分過ぎたら布団から出て朝ご飯を食べる・・・

これはまだましな方で、ひどくなると昼過ぎまで起きてこず、昼夜逆転してしまうお子さんもいます。

無理やり起こそうとすると、当然反発し、ますます起きなくなります。

小学校低学年くらいなら力づくで起こせますが、高学年・中学生の子どもを無理やり起こすのは至難の業です。

ここで、考えないといけないといけないのは、「朝起きたくない」子供の気持ちです。

ここを理解することがとても大切です。

朝起きたくない・・・ということは、朝お父さんやお母さんに会いたくないということです。

会いたくない理由の一番は、「学校に行きたくない」状態になっていることへの罪悪感です。

悪いことをした・・・
お父さん、お母さんに合わせる顔がない・・・
でも学校に行くことはできない・・・

こうした心理状態に陥っていると、朝起きるということはとても難しいです。

特に、「朝くらいちゃんと起きてよ」とお母さんがイライラしていると、余計に起きづらくなります。

もちろん、お母さんがイライラするのも分かります。

ただ、同じように無理やり起こすというやり方で、子どもが起きないというのであれば、やり方を変えていくということも必要だということです。

一番は、子どもの気持ちを汲み取っていくというやり方です。
まずは、子どもが「朝起きられない」という気持ちを子どもの視点で考えてみて、寄り添っていくこと。

これができると、子どもは安心します。
理解してくれる人がいるということは大きな強みです。

子どもの気持ちに寄り添っていくと、こういう言い方もできると思います。

「大丈夫だよ。誰だって嫌なことや辛いことがあると朝起きたくなるよ。また、起きたくなったら声をかけて」

まずは、子どもの気持ちに寄り添ってみること。
そこからがスタートです。


posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反抗期の子どもとの付き合い方


反抗期の子どもは非常に関わりが難しいものです。

その一つが、「自分らしさ」が出てくる時期と関係しています。

自分らしさが出てくると、前までは何でも「わかった」とできていたことが、急にできなくなってしまいます。

例えば、中学生の時って一人でマイペースにできる時間があるとホッとしませんでしたか?

自分らしさが出てくるということは、周りと合わせるのにエネルギーを使ってしまうということです。

だから、一人で過ごす時間というのが思春期の子供にとっては必要だということです。

そういう反抗期の子どもと関わるうえでの大切なポイントは「自分らしさをどう伸ばしていくか」という視点を持つことです。

ちょっと後ろに下がってみて、「この子はこういう自分らしさがあるんだな」と発見してみるように関わってみるといいでしょう。

こういう視点を「母性」と呼びます。

一方で、ダメなことはだめだということを毅然と伝えることが大切です。

例えば、不登校の子供は家族の友達やお客さんが家に来ることを嫌がる傾向があります。
その時に「子供が嫌がっているから」と親がお客さんを入れないということではいけません。

やはり地域の付き合いは親が見本として子供に見せていく必要があります。

「これは大切なことだから、あなたが嫌がっていてもしないといけないことだよ」と伝えることも大切です。

こうした関わり方を「父性」と言います。

要は母性と父性を両方取り入れていくことがとても大切なことだと思います。
posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗教は不登校を治すのに効果があるか?−霊感商法や悪徳宗教に騙されないために―


こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。
今回は宗教と不登校に効果があるのか?
という話です。

宗教というと、最近いろんな報道が出ていますし、何か物を売って大金を巻き上げる霊感商法のようなイメージを持たれる方もいます。

悪霊のせいで不登校になった、前世の問題が・・・という人もいるでしょう。

特に日本は無宗教の文化なので、そうした宗教には抵抗を示す人も多いです。

宗教が不登校に役立つか、ということと、霊感商法や悪徳宗教に騙されないために、というテーマで今日は書かせていただきます。

さて、子どもが不登校になった場合、宗教は助けになるか・・・の答えですが、私は「イエスでもありノーでもあり」というちょっと曖昧な答えです。

無理して宗教に入れば不登校は治るなんてことは言う気はありません。

しかし、不登校のカウンセリングで、ある宗教(宗派はここでは言えませんが)によって、かなり改善したケースも見てきました。

ただ、注意したいのはそれはお母さんとお父さんが最初から入信していて、そこに子どもを連れて行って、子どもがその宗派のボランティアや行事に参加していくうちに、段々と明るくなっていって不登校が解消されたということ。

不登校が解消されたとまではいかなくても、高校からは元気に登校したり、社会で活躍するようになるケースは確かにあります。

もともと、日本の宗教というのは人とのつながりを強固にすることを目的としています。。
その中で、幸せに生きる方法をみんなで考えていくことが、本来の宗教の姿なのです。

なので、かなり悪徳な宗教や霊感商法でない限りは、私はいいんじゃないかと考えています。

ちなみに、悪徳な宗教の見分け方を少し伝えておきますと、
 ● 教祖が「自分は神だ」と言っている宗教。
 ● 法外な値段で写真やツボなどを売らせる宗教。
 ● 紹介してくれる人が明らかに幸せでない。
 ● 「すぐに効果がある」と効果のみを強調する。
 ● 嫌だと言っているのにしつこく勧誘してくる。

というところでしょうか。
上記に当てはまるところはちょっと避けた方がいいでしょう。

まあ、「宗教が不登校を救うこともある」というお話でした。
ただ、宗教じゃないと不登校は治せないということではありません。

不登校を治すのは、あくまでも環境調整と周りの支援です。
それらを満たす機能を持っている宗教でその子がぴったりはまれば、不登校が治る可能性が上るということです。

無理して宗教に入る必要はないのでご安心ください。
今回は霊感商法や悪徳宗教に騙されないために、上記のことを書きました。

posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動会や文化祭が終わった後に不登校が増えるわけとは?


10月〜11月というのは不登校が増えるリスクが一番高い時期の一つです。

その理由は運動会や文化祭という行事があるからです。

運動会や文化祭は、不登校になりやすい子どもにとって非常にしんどい時期の一つです。
なぜなら、集団行動を強制される行事だからです。

一般的な運動会や文化祭のイメージは、みんなでワイワイとプログラムの内容を考えたり、歌の練習をしたり、一緒にクラスメイト同士で頑張って目的を達成していく行事です。
まさに青春の1ページをぎゅっと凝縮させたイベントです。

しかし、不登校に陥りやすい子どもは、この青春の1ページのイベントに対して大きな負担感を感じます。

彼らは独特の自分の世界を持っているため、そうしたみんなで一緒に頑張ろうという行事にはどうしても二の足を踏んでしまいます。しかし、一方でみんなど一緒に参加したいという気持ちも持っています。

しかし、みんなと夜遅くまで頑張り、また一緒に何かをするということには大きなエネルギーを使ってしまう。

そこに疲れ切ってしまい、終わった途端に倒れ込んだかのように学校に行けなくなってしまいます。

これを未然に防ぐには、運動会や文化祭の練習中の様子、家から帰ってからの様子をしっかりと観察することです。疲れている様子や、何か生気が抜けているような感じ、逆に空回りするほどの元気さを感じるなど、いつもと様子が違っていれば、「大丈夫?」「無理してない?」と声をかけてみることも必要です。
時には「今日は無理しなくていいから、休みなさい」と親の方でペース配分をしていくことも必要でしょう。
(この辺りは事前に先生と確認しておくといいです。こうした子どもは顔色が悪かったり、保健室に何度も足を運ぶなど、先生の方も「何かおかしいな」とキャッチしているものです)

もし、終わった後で、学校に行けない場合は、先生と相談して部分登校、別室登校からでもいいから少しずつ無理のない範囲で登校をしていくことです。

一番まずいのは、そのまま学校に行かなくてもいいとか言ってしまうことです。

私たちに人間は周りとの関わりとの中でエネルギーを充電できる生き物なので、少しでも充電させようとしたいのであれば、少し無理してでも学校に生かす方がいいです。

充電器も何もしないままでは、充電できません。
コンセントに挿すという少しの無理をするからこそ、充電ができるのです。

運動会・文化祭シーズンとなりましたが、どうぞ子どもが無理をしすぎないよう、注意深く見守ってあげてください。

↓↓↓ぽちっと押していただけると感謝です。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ学校に行かないといけないの?


「なぜ学校に行かないといけないの?」

これは不登校の子どもならず、私たち多くの人が一度は考えたことのある疑問です。

これに対して、明確な答えを出せる人はほんの一握りではないでしょうか?

しかし、「学校に行った方がいいのか?」という疑問に対しては答えはまだ明確です。


多くの人は「行った方がいいよ」と答えるでしょう。

不登校の子どもも「行った方がいい」と答えることが多いです。

じゃあ、なぜ行った方がいいのか?

そうなると答えはまたぐるぐると迷宮入りになります。

行けるなら行った方がいい、でも行けないから行った方がいいかわからない。

そんな疑問の渦の中に巻き込まれているのが、不登校のお子さんとお父さん、お母さんの心境なのです。

社会に出た方がいい、学校に行った方がいい、自立したほうがいい、できるようなったほうがいい。
これらの気持ちは自分自身の心が「そうなった方がいい!!」と知っているから、誰も疑問を持たずにそう思うのだと思います。

誰も「学校に行かない方がいい」と考えたいわけじゃありません。
学校一の問題児も、学校での頑張り方がわかれば、徐々に勉強に取り組めるようになります。

みんな良いやり方で頑張りたいのです。

それを応援していく、理解していくことが、不登校支援の第一歩だと私は思っています。

↓↓↓ぽちっと押していただけると感謝です。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校はなぜなかなか治らないのか?



子どもがいったん不登校になると再登校するのはぐっと難しくなります。

その難しい理由として、子どものアプローチの仕方が全く見えてこないところが大きいようです。

どうすれば子どもが学校へ行くのかわからない・・・だからなかなか治らないのです。

これは本当に千差万別です。

ずっと不登校でも社会でちゃんと働ける子供もいます。
カウンセリングで再登校まで行った子供もいます。
転校すれば行けるようになる子供もいます。
適応指導教室やフリースクールで行けるようになった子供もいます。

しかし、その逆もあります。

不登校のままニート・引きこもりになった子供もいます。
カウンセリングが効果がなかった子供もいます。
転校しても結局行けなかった子供もいます。
適応指導教室やフリースクールを拒否する子供もいます。

不登校は「こうすれば解決するのではないか」という視点で見ても治ることはないでしょう。

むしろ、大人側のスタンスがぶれてしまい、逆効果です。

支える側のブレブレになると、不登校は確実に悪化します。
しまいには家庭内暴力やリストカット、精神病など最悪の事態を招くこともあるのです。

不登校は治らないものではありません。
むしろ、かならず治るものです。
(この場合の治るとは、再登校だけでなく長期的に見た社会復帰など幅広い視点を含みます。)

そのために必要なのは、子ども目線で何がしんどいのかを理解すること。

「そっか、それは行けなくなるよな」
と、親が子供の辛さを最初に汲み取ることです。

その上で、親と子どもができることを一緒に考えていくこと。

大切なことですが、子供は学校に行けないという時点で大きな挫折を感じているのです。

それを親がちゃんと理解することが不登校支援の第一歩です。

そして、子ども不登校回復には様々な道のりがあることもお忘れなく。

そこにしっかりと寄り添っていくことが大切なのです。

それなくして「どうすればいいか」だけに目を囚われていると、なかなか治らないでしょう。

posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「運動会・文化祭に参加したくない」と言われたら



不登校の子どもで運動会や文化祭に参加したくないという不登校の子どもは結構多いです。
特に家の中にずっといる子供だと、運動会や文化祭の一週間前から落ち着かなくなり、当日も一歩も外に出ないこともあります。

先生や親としては、「それくらいなら行けるんじゃないのか。楽しいイベントなのに」と首をかしげてしまいます。

この場合は、やはり不登校の気持ちを理解することがポイントです。
わからない場合は絶えず「子供目線」で考えていくことが一番最初にしないといけないことです。

さて、この場合の子どもの心理をちょっと推測してみましょう。

運動会や文化祭は子どもたちにとって、とても楽しい行事のはずです。
勉強や時間に縛られないし、父兄も来られ、多くの子どもたちがわくわくしています。

こういう場で、普段学校に来ていない不登校の子どもが来たとしたら、どんな顔で参加すればいいのでしょうか?
繊細な不登校の子どもは、行事の時にだけ来た時の周りの反応やギャップを敏感に察知します。
本人も楽しみたいのです。しかし、周りの目を気にするため、運動会の場に出てどう振る舞えばいいかわからないのです。どうなるかわからないから、頭の中がグルグルして怖くなって「参加したくない」と行ってしまうのです。

まずはそうした心理を理解しましょう。
もちろん、上記は一例で、いろんな心理があります。
そのことをイメージしたうえで、子どもに語りかけてください。
「お母さんもあなたの立場だったら同じように思う」と。

それだけで子どもの心は開くはずです。
開けば、あとは焦らずにどうすればいいかをじっくりと話し合うことです。

そこまでは、どうしたらいいかがかなり盤石なります。
参加しないのか、保健室から一緒に見ておくのか、、それとも先生と付き添いで学校外から見るのか。少しでも参加するのか、もう今年は諦めるか。

わからない時は、状況をしっかりと整理して、理解することです。
posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校は悪いこと?悪くない?


不登校という言葉が市民権を得る様になって、
いろんな価値観が出てくるようになったと思います。

その一つに、

「不登校は悪いことでない」

という価値観がいろんな書籍や
ネットで見る様になりました。

これはすごいですね。

私が中学校の頃は、
学校に行くのが当たり前で、
学校に行かない不登校の状態は
「悪いこと」だという認識が
一般的でしたから。

こういう認識の背景には、
実際に不登校に陥った方や
その親御さんたちが、一生懸命苦労し、
その壁を乗り越えた結果だと思うのです。


その結果、振り返ったときに、

「あの頃、自分の子どもが
不登校になったおかげで、
いろんな苦労やつらいことがあったけど、
乗り越えることができて、成長できた。
あの不登校の経験は悪いことではなかった」


と話されることがあります。


そうした方の経験があって、

「不登校も悪いことじゃない。
いろんな成長ができる良い機会だった」

という価値観が生まれたんじゃないかと思います。

そうした方が話される不登校は、
悪いことではありません。

むしろ素晴らしいものだと思います。


しかし、何もしないままで

「不登校は悪いことじゃない、
学校に行かないのは悪くない!!」

と言うのとは違います。

私は基本できれば
学校に行った方が良いという立場です。

学校に行かないと、
行っている子と比べてかなりの
ハンディキャップになってしまいますから。


その中で、いろんな経験をした上で、
一歩成長した時に、

「あの不登校の経験がよかった」

と言うのであれば構いません。


しかし、最初から

「不登校なんて最近多いから
別に悪いことじゃないでしょ」
と言ってしまうと、

これは子育てを放棄しているのと
同じことじゃないかと思うのです。


学校に行けないからこそ、
別のこの子なりの成長の道を模索しながら、
どうすれば子どもの将来を
ダメにしないで済むかを、
子どもの目線に立ちながら
考えないといけません。


不登校は、乗り越えたときには
良い経験になりますが、何もしないまま
「不登校は悪くないこと」
と言うのとは違うというのが私の考えです。


posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私の気持ちをわかってくれない」と言われたら


不登校の子どもで高い確率で、

「お母さんは私の気持ちを
 わかってくれない」


ということを言われます。

学校に行くように伝えると、

「何でそういうことを言うの?
私の気持ちをわかってくれていない」

と言って泣き出してしまった経験・・・
あるんじゃないでしょうか?

実は、この時に親がどう対応するかで、
この子の将来は大きく変わります。

子どもがニートになって一生引きこもるか、
それとも社会に出ていけるようになるかの
瀬戸際と言っても過言ではないでしょう。

不登校の子どもは非常に繊細な子が多く、
ちょっとしたことでも何重に絡み合ってしまい、
結果として気持ちがごっちゃになってしまいます。


また、そうした繊細さから、
人と自分が違うということに
ズレを感じてしまって、
一緒にいることに苦痛を感じたり、
また苦痛を感じてしまう
自分が嫌になってしまい、
殻に閉じこもってしまいます。


殻に閉じこもると、
今度はどんどん社会から
取り残されてしまうため、
そのことに傷ついてしまうのです。

「学校に行く」という私たちが
何でもないと思っていることは、
不登校の彼らにとっては非常に苦痛だし、
エネルギーを使い切って
やっとできるようなことなのです。


そして、普通の人ができていることが
できないことに、大変傷つきます。

「行くのが当然でしょ」と思っていると、
彼らは「私の気持ちをわかってくれない」

とさらに殻に閉じこもるようになります。

そのため、まずは子どもの
「つらい気持ち」をしっかりと
わかってあげることが最初の一歩です。

子供目線で、
「そっか、そりゃつらかったなあ」と
心から理解できることがこの場合に
しなければいけないことです。


人は「理解されること」で先へ
進むことができる様になります。

その「理解」をぜひ親がして
あげることがとても大切なのです。

posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神科に連れて行くべき?


不登校の子を持つ親の
悩みどころの一つは、
「精神科・心療内科を受診するべきかどうか」
です。

不登校 精神科 連れていくべき

実際、不登校になって、
スクールカウンセラーや教師から
「一度病院へ」と勧められてしまう
ケースはかなり高いです。

そして、連れて行こうかどうかかなり迷います。

受診してと言われるものの、
なんか抵抗があるという方は結構多いです。


私の持論ですが、
基本不登校は精神科に行っても
登校できるようにはなりません。


なぜなら、不登校自体は病気ではなくて、
学校との間でしんどくなった結果
起こったものだからです。


逆に精神科に行ってしまって、
薬漬けになってしまい、
社会復帰が難しくなった事例も
たくさんあります。


ただ、もし下記の症状が
あれば一度精神科の受診させた方がいいでしょう。


例えば、
重度の対人恐怖で
外に一歩も出れない。

それから不眠がひどく
全く眠れない場合。

食欲不振、意欲減退など
うつ症状がみられる場合。

お風呂に入らず、
急にいろんなことに興味を失ったり、
急に空笑いや幻覚妄想がみられる場合。
(統合失調症の可能性があります)

過呼吸がひどく、
そこからパニック障害があるなど。

こうした場合は、
精神科の受診を考えた方が良いでしょう。

お薬を飲むことで改善ができる場合があります。


ただ、こうした場合は
ちょっと素人判断は難しいので、
精神医学に詳しいスクールカウンセラーが
いればなお良いです。

もし、そうした人がいない場合は、
一度精神科・心療内科へ
親だけでも相談してみることをお勧めします。

ただ、上記の症状がない場合は、
精神科でできることはほとんどないでしょう。

その場合は、行かない方が良いことも多いです。

不登校=精神科と安易に捉えて、
すぐに連れて行こうとしないことが大切です。



posted by SHO at | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク