スポンサードリンク
   


不登校の子どもが安心して通える高校とは?



不登校の子どもにとって高校進学はかなり重要です。

安心して通える高校であるかどうか、本当に大切なことです。

確かに中学三年間、不登校状態であったとしても、高校がその子に会うところであれば、そのまますっと問題なく、登校しそのまま卒業し、社会復帰できたなんて成功談は聞くことがあります。

ただ、それは非常にまれなケースです。


中学校3年間、ずっと家に引きこもっていたような子どもは、高校受験で失敗するか、受かってもすぐに行かなくなる可能性が大です。

別室登校に通い続けていた子どもは、その子に合ったところであれば、まだ行ける可能性はあります。

中3からでもクラスに入れた子どもで、その後もしっかりとフォローがあった子ども、ギリギリでも何とか生き続けることができれば、高校生活で失敗し再不登校になる可能性はゼロに近づきます。

それくらい、クラスや学校に行けるかどうかというのは大切なんですね。
また、別室登校が難しくてもフリースクールや他の居場所で3年間過ごせた子どもは何とか高校で過ごせることが多いです。

ちなみに一番やってはいけない進路選択は、「行くところがないからとりあえず通信制高校で・・・」というパターンです。
もし、そちらに進学するのであれば、家庭学習の習慣をしっかりとつけさせていくことが必要です。
通信制高校は自主課題が多いので、かえって難しいのです。

不登校の子どもの進路選択を誤らせない一番の方法は、親子で自身の進路をしっかりと話し合うこと、子どもが将来どうしたいのかをしっかりと聞いていく姿勢が必要です。

もちろん、最初は子どもも「どうないたいか」なんてわからないので、答えが出てくるわけはありません。

そんな時な、
「私もあなたぐらいの年齢の時は、なりたいものなんて全くなかったよ。
でも、せっかくみんなとは違った中学校生活を送ったんだから、あなたしかできないことを探してみようよ」

と声をかけてみましょう。。

大切なのは子どもに夢を与えることです。
それは親しかできない役割ではないでしょうか?

↓↓↓ぽちっと押していただけると感謝です。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


posted by SHO at | 進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク